PROFILE

Ryuji

HAKUEI

俳優・佐藤流司がアーティスト「Ryuji」として結成したバンドプロジェクトで、PENICILLIN「HAKUEI」とのツインボーカル&トータルプロデュースにより、ヘヴィ、オルタナティブで骨太なサウンドから軽快なロックまで、多種多様なRyujiの世界を表現し続けている 【The Brow Beat】

2018年1月1日、1st Album『ラグナロク』で待望のデビュー。
オリコン週間インディーズアルバムランキング1位、1月1日付のiTunes総合チャート1位を見事獲得。1月17日から仙台を皮切りにスタートした、1st Tour「The Brow Beat Live Tour 2018 “Ragnarök”」 のチケットは全公演SOLD OUT 。
さらに同公演のアンコール公演として、デビューからわずか5ヶ月でRyujiの夢の1つであった2,000人越えのキャパシティであるロックの聖地、日比谷野外大音楽堂での単独公演「Extra“Ragnarök”~Welcome to after party at 野音~」もSOLD OUTさせ大成功に終わらせた。
その後、配信限定でリリースした楽曲もiTunes Store ロック部門で軒並み1位を獲得するなど勢いは止まらない。

2019年1月1日にファン待望の2nd Album『Hameln』発売。
グリム童話をテーマにダークファンタジーの世界観を取り入れた本作は、The Brow Beatが提示する、新時代のロック・サウンドが聴ける1枚となり、オリコン週間インディーズアルバムランキング1位、iTunesロック部門1位を獲得。

2019年6月8日 2度目の日比谷野外大音楽堂でのワンマンライブ「The Brow Beat ~KLAXON PARTY 2019 at 野音~」もSOLDOUTさせ、そして、2020年 Zepp TOUR & Ryuji BIRTHDAY LIVE & LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)での東京凱旋LIVEを敢行。
2021年7月7日『ハレヴタイ』でポニーキャニオンよりメジャーデビュー。
Major 1st Single『ハレヴタイ』は、TVアニメ「遊☆戯☆王SEVENS」のオープニング主題歌にも決定!週間オリコンチャートもTOP10入り。

2022年4月27日 『404』 Major 1st Albumの発売が決定。
最新アルバム『404』を引っ提げた、「The Brow Beat Live Tour 2022 “404”」 全国9ヵ所11公演をコロナ渦野中にもかかわらず、2022年6月3日・4日のツアーファイナル ツーデイズ LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)で大成功におさめた。

The Brow Beat Live 2022 “幻覚 ” 銘打ったスペシャル・ライブを、2022年11月9日・10日に東京・豊洲PITで行なった。
半年ぶりのライブということもあり、チケットは両日ともに瞬く間にソールドアウト。

2023年5月31日 5th Anniversary NEW SINGLE 『ラブレター』を5形態にて移籍第一弾を発売し、週間オリコンチャートもTOP10入りした。
『ラブレター』のMV再生回数が100万回再生を超えている!

2023年5月9日 より始まった The Brow Beat Live Tour 2023 "The Five Senses” 全国7大都市14公演を完走!
2023年6月3日・4日のツアーファイナル ツーデイズ LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)で5周年を締め括ったThe Brow Beatの今後の動きが見逃せない。