BIOGRAPHY

Tbb_solo_for_hp

The Brow Beat

俳優・佐藤流司がアーティスト「Ryuji」として、結成したバンドプロジェクト。

ヘヴィ、オルタナティブで骨太なサウンドから軽快なロックまで、多種多様なRyujiの世界【The Brow Beat】を、PENICILLINのHAKUEIがトータルプロデュースする。

2018年1月1日、1st Album『ラグナロク』で待望のデビュー。
オリコン週間インディーズアルバムランキング1位、1月1日付のiTunes総合チャート1位を見事獲得。
1月17日から仙台を皮切りにスタートした、1st Tour「The Brow Beat Live Tour 2018 “Ragnarök”」 のチケットは全公演SOLD OUT 。
さらに同公演のアンコール公演として、デビューからわずか5ヶ月でRyujiの夢の1つであった2,000人越えのキャパシティであるロックの聖地、日比谷野外大音楽堂での単独公演「Extra“Ragnarök”~Welcome to after party at 野音~」もSOLD OUTさせ大成功に終わらせた。
その後、配信限定でリリースした楽曲もiTunes Store ロック部門で軒並み1位を獲得するなど勢いは止まらない。

そして、2019年1月1日にファン待望の2nd Album『Hameln』の発売が決定!
グリム童話をテーマにダークファンタジーの世界観を取り入れた本作は、The Brow Beatが提示する、新時代のロック・サウンドが聴ける1枚となっている。